ジゼル・ヴィエンヌ

Deux danseurs dans Crowd de Gisèle Vienne

2023年、ダンス リフレクションズ by ヴァン クリーフ&アーペルは、香港で開催されるダンス・フェスティバルの一環として、フレンチ・メイ・アート・フェスティバル、西九龍文化地区のフリースペースと共同で、ジゼル・ヴィエンヌの『Crowd』を上演します。

ジゼル・ヴィエンヌのショーをカテゴライズすることは困難です。『Showroomdummies』(2001年)以来、『Eros and Thanatos』、『Apollo et Dionysus』などのジゼル・ヴィエンヌのショーは、私たちの人間性の中心にある永遠の二元性、誰もの内にある官能に対する無視できない渇望を探り続けています。『Crowd』では、この唯一の不変性への探求における新たなフェーズを体現しています。ジゼル・ヴィエンヌは、人間の暗部に目をつぶることなく、細心の注意を払って私たちの空想と感情の広大な領域に入り込んできます。15人のダンサーが集団で踊ることを意図した振り付けと祝祭的な一体感。この豊かなポリフォニーは、集団的な喜びの表現を支える数多くの構造を強調しています。哲学とビジュアルアートに育まれてきたこのアーティストは、複数の現実と一時性が共存する断片化した世界を、ヒントとなったストリートダンスとパペットシアターの要素を同程度ずつ取り入れた揺れる動作で表現しています。デニス・クーパーの著作、DJのピーター・レーバーグとステファン・オマリーによる音楽とサウンドが私たちの知覚を混乱させると同時に、魅力的な空想と荒々しい狂乱の境界を曖昧にします。現代的でありながら非常に古風でカタルシスを感じさせる『Crowd』という作品は、最も奥深い自然との対話をもたらします。

デイビッド・サンソン

このプログラムは、西九龍文化地区のフリースペースが提供する「Freespace Dance 2023」の一環です。

写真:©エステル・ハナニア

アーティストについて

Portrait de Gisèle Vienne

ジゼル・ヴィエンヌ

現在、ジゼル・ヴィエンヌは、自身の最新パフォーマンスに取り組んでいます。この作品は、2023年8月にルール・トリエンナーレで上演されます。

プロフィールを見る